『リズム感悪い』と感じている人へ

お問い合わせはこちら

ブログ

『リズム感悪い』と感じている人へ

2019/03/13

今回はある生徒さんの悩みを事例として紹介します🙏あなたも、この生徒さんと同じような思い込みしていませんか??

「リズム感が悪いので、曲中にリズムキープができない。」

ある生徒さんが上記のような悩みを持っておられました。同じような悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

この生徒さんは、テンポキープができない原因は「自分のリズム感が悪いから。」だと考えていました。そこで話を聞きながら検証してみましたが、原因はリズム感ではありませしでした

原因は左手にあった。

結論から言うと主な原因は左手にありました。

 

色々と検証するために、まずはCの1音だけを押さえながらクッリクに合わせて弾いてもらいました。改善の余地はありますが、そこまで問題があるようには感じられませんでした。

 

そこで普段練習している曲を弾いてもらうと、ハシったりフレーズの頭がズレたりする箇所が出てきました。

 

独学でベースを練習し始めたこともあり、左手が必要以上に力んでいたり、運指法が確立されていなかったのです。

 

原因はリズム感ではなく、これだったのです。左手のフィンガリングがリズムがズレる理由だったのです。

上達しないのはセンスの問題ではない。

 

内容は違えど、ある思い込みや勘違いによって上達できないケースは多いです。

 

今回の場合はリズム感を鍛えようとクリック練習をしても、左手の問題が改善されなければ効果は薄いです

 

このように努力する方向を間違えると、練習しているのに上達しないということが起こります。

 

『自分はリズム感が悪いから』

 

『楽器のセンスがないから』

 

『もっと早く始めていれば』

 

 

そうではありません。原因の分析を間違えているだけです。さらに加えると、ベースの暦が浅い段階で自分で原因分するのは難しいです。

 

残念なことに上達しない原因の分析に失敗して、楽器の演奏を諦めてしまう方も少なくありません。これは本当に勿体無いです。

身近に相談できる人がいるのが理想的。

 

必ずしも音楽教室、レッスンに通わなくてもいいです!

 

身近に相談できる人を作ってください

 

自分で考えてもわからなかったことが案外すぐ改善されますよ👌✨特に楽器を始めて最初の段階では必要だと思います。

 

才能やセンスが原因ではありません

 

動画や教則DVDでは質問ができません。この弾き方で合っているかの答え合わせができません。わからなかったら聞けばいいんです。何も恥ずかしくないし、あなたが悪いわけでもありません。

 

もう1度言いますが、上達しないのは才能やセンスが原因ではありません

電話でのお問い合わせもお気軽に